- 60億の笑顔にこんにちは -
国際ソロプチミスト長浜

私たちの近況 2010年度

(2018年度) (2017年度) (2016年度) (2015年度) (2014年度)
(2013年度) (2012年度) (2011年度) (2010年度) (2009年度)
(2008年度) (2007年度)



子育て支援センター支援 (2011/6/23)

子育て支援センターの「あいあいランド」にワイヤレスマイク一式を寄贈しました。
旧高月町のあいあいランドを訪れマイクの贈呈式を行い、その後集まった子供さんやお母さん達と共に園庭の畑で大きく実ったジャガイモを掘り楽しみました。


寄贈したワイヤレスマイクを使って 子供さん達とジャガイモ堀り



こども療育センター支援 (2011/6月)

長浜療育センターいちご園に療育玩具「ぶらぶら橋」を寄贈
米原市療育センターひまわり教室へ「DVD機器と視聴覚器具」などを寄贈


ぶらぶら橋で遊ぶ子供達 ひまわり教室への贈り物



タオルで帽子をつくりました (6月プログラム例会)(2011/6/21)

がん治療や手術後の頭部を守るための帽子をタオルで作り、あけぼの滋賀(乳癌の早期発券早期治療を啓発しておられる奉仕団体)に送りました。また会員が持ち寄った広告入りのタオル100枚を「湖北タウンホーム」へお持ちしました。

作った帽子をかむって



山門湿原の森を訪ねて (2011/6/7)

「山門水原の森を次世代に引き継ぐ会」が日本中央リジョンリジョナルプロジェクト

「環境を守る個人、団体」を顕彰する事業の支援金を頂いた事を契機に山門湿原を訪ねました。新緑の山門水原の森は今年はじめての“ササユリ”やモリアオガエルの卵塊、ヤマボウシの花々、ホウノキの大きな花などで私達を迎えてくれました。湿原は会の人達のたゆまぬ努力で復元され晴ればれと緑を湛えていました。竹端会長と藤本事務局長の案内を受け、心身ともにリフレッシュし、みどりの風を満喫してきました。


せせらぎを渡り湿原へ 南部湿原


藤本先生の説明を受けて 中央湿原



収益金で東日本災害義援金を (2011/5/24)

バザー当日のお客様からの募金箱と、協賛店の協力金と、SI長浜の収益金の一部を取りまとめ247,343円を長浜社会福祉協議会に災害地の皆様のお役に立て下さるようお届けしました。




太陽電池式電波時計を米原市に寄贈 (2011/5/23)

チャリティバザーの収益金で太陽電池式電波時計一基を JR米原駅東口広場に贈呈しました。 時計の前で 泉峰一米原市長にSI長浜平山会長から目録が手渡されました。地域の皆様をはじめ 観光客の皆様のお役に立てばうれしく思います。


駅舎前に時計を 米原市長へ目録贈呈



第11回チャリティバザー開催 (2011/5/18)

5月18日 長浜ロイヤルホテルにおいてチャリティバザーを開催しました。
会員持ちより品、リサイクル衣料、会員手作り布バック等と共に、35店舗の協賛、長浜農業高校の花苗、長浜高等養護学校生徒の作品販売と多彩な品揃えで、800人を超すお客様を迎え、大きな成果を挙げることができました。
ピンクリボン運動の啓蒙活動、アルコールパッチテスト、発達障害児を持つ親の会による署名運動などの催事のほか、「山門湿原の森を次世代に継ぐ会」のパネル展示や顕彰事業支援金授受の広報を行ないました。


バザー風景  

山門水源のパネル展示 東日本震災の募金活動



クラブユースフォーラム開催 (2011/5/9)

2011年度長浜高校ボランティア部Sクラブの入会式と共にクラブユースフォーラムを開催しました。「今、社会の考える女性問題」と題する小論文を発表した3年生の曽我紗也香さんを「ユースフォーラム2011in奈良」の代表に選びました。


小論文の発表 曽我紗也香さん



「山門湿原の森を次世代に引き継ぐ会 」支援金を受ける (2011/4/27)

SI長浜は中央リジョン25周年記念事業として「環境に取り組む個人、団体」を表彰する顕彰事業に「山門湿原の森を次世代に引き継ぐ会」推薦したところ、多くの応募の中から選ばれました。リジョン大会において池内佐和子ガバナーより会長の竹端康二さんに100万円が贈られました。


リジョン大会において支援金を頂く 「引き継ぐ会」の竹端康二会長



移動例会でコクヨ工業滋賀を見学 (2011/3/15)

(株)コクヨ工業滋賀では葦を使ったリエデン製品(コピー紙、ノート、メモ帳)などを作り 母なる琵琶湖の環境保全に貢献しておられます。SI長浜の20周年記念式典において 記念品のひとつに「リエデンメモ帳」を使った経緯もあり、工場を見学し 琵琶湖の水質、環境への取り組みに感銘を受けました。

さあ! 工場見学に コクヨさんのリエデン商品の説明



チャリティコンサートの収益金で 滋賀県障害児協会「湖北タウンホーム」へ (2010/12/16)

洗濯機、乾燥機、介護用品数種を寄贈しました。
平山会長以下5人の会員が湖北タウンホームにお届けしました。


目録と介護用品の写真 入所者の皆さんと



第12回チャリティコンサートの開催 (2010/12/12)

17時より北ビワコホテルグラッィエにおいて、地元長浜出身の武田旺山さんの尺八によるコンサートを開催しました。
武田さんは東京藝術大学2年生の時 第2回のコンサートに出演されました。
以来、研鑚を積まれプロとして活躍されています。
三弦奏者の細川英子さんと共に素晴らしい演奏を聞かせて下さいました。
320人のお客様をお迎えし、冬の夜を邦楽の調べに酔いました。
また、このコンサートの収益金で寄贈する洗濯機、乾燥機などの目録を会場において、「湖北タウンホーム」の松本代表に贈呈しました。


武田さんと細川さんの演奏 演奏の前に目録贈呈



TADキャンペーン (2010/12/6)

SI長浜では クラブで TADキャンペーンのリーフレットを作りました。
解りやすく地域性のあるリーフレットを作成しました。


SI長浜作成のTADリーフレット

JR長浜駅コンコースで 藤井長浜市長や人権擁護委員会の方々と共にTADのリーフレットを乗降客に配布しました。(12月6日)多くの登校時の高校生に配布でき成果を挙げる事ができました。
その後 長浜バイオ大学、文教短期大学、長浜市役所、米原釈所、警察署、法務局へも持参しアピールしました。


配布を終えて藤井市長と リーフレットよんでね!

TADリーフレットを人権講演会やSI長浜のチャリティコンサートの受付で配布し、地域の皆さんに理解していただくよう努めました。


人権講演会の受付で コンサートの受付で



地区大会において上羽佳代子メンバーシップ委員長が活動報告 (2010/11/16)

SI長浜は常に会員相互のコミュニケーションを大切に、楽しいクラブ運営を目指し成功している事を発表しました。


 
発表する上羽会員  



琵琶湖岸に葦を植えました。 (2010/10/23)

長浜アメニティの人達と琵琶湖岸に葦の苗を植栽しました。
葦の苗は長浜農業高校の生徒が実験を重ね育ててくれたものです。
葦が生えつき 琵琶湖の環境に役に立ってくれるよう願いを込め植えました。 


葦よ!生えついてね! 植えつけた葦の前で



女性の人権について勉強会をしました。 (2010/10/19)

10月プログラム例会において「近江犯罪被害者支援センター」の松村裕美さんから犯罪被害者の実状や支援の状況などを聞き、会員相互に思いを話し合いました。 


松村さんの卓話